政府は10都府県で発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言について、今週中の解除を見送る方向だ。政府関係者が18日、明らかにした。医療提供体制は依然、逼迫(ひっぱく)しており、解除後の感染再拡大を懸念し、見送りに傾いた。(1面参照)  菅義偉首相は、3月7日の宣言期限前の解除前倒しが可能か探る。