東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長は五輪相を辞任したものの、議員辞職は否定した。「五輪の政治利用を避けるため、政治家の会長兼任は好ましくない」。識者たちの見方は一致している。  橋本氏は就任後の記者会見で議員辞職の必要性を問われると「国際オリンピック委員会も国も認めている。