沖縄地区税関が18日に発表した1月の管内貿易概況(速報)は、輸出総額が前年同月比63・6%増の15億1600万円、輸入総額は50・6%減の65億4300万円となり、50億2700万円の輸入超過となった。  輸出の増加は2カ月ぶり。一般機械が3億4700万円と最も多かった。