県議会の赤嶺昇議長は17日、新型コロナウイルスの影響で観光客が激減し、売り上げが落ち込んでいる那覇市の第一牧志公設市場や平和通りを視察し、商店街関係者と意見交換した。  県議会へ商店街支援の陳情を出した那覇市中心商店街連合会の上原正敏会長は「国からの支援策は待っていても得られない。