トランプ次期大統領の就任を前にした米国の状況は、「思いやり予算」という形で、日本側の負担を引き出した1970年代後半のカーター政権の頃と似ている。