【東京】沖縄防衛局は、名護市辺野古の新基地建設に必要な美謝川の水路切り替え工事に向け、詳細設計の概要をまとめた。名護市に内容を示した上で、市との協議など必要な環境が整えば、来年度中にも着工する見通しだ。新基地建設に向けた工事が一歩前進することになる。

 防衛局は17日の環境監視等委員会で、整備概要や事後のモニタリング調査案を示した。モニタリング調査に指導・助言が出たが、整備内容に異論はなかった。

 水路を切り替える場合、工事内容によって、市法定外公共物管理条例に基づく市との協議が必要になる可能性がある。...