美謝川の水路切り替え工事に着手するには、名護市との協議が必要になる可能性があり、渡具知武豊市長の判断が焦点となる。切り替えは新基地建設につながる工事のため、市長が認めれば、市議会野党は「事実上の容認」と追及を強める構えだ。  防衛省は詳細設計をまとめた後、市に設計内容を提示する方針。