今月11日に浦添市伊祖トンネル付近の国道330号で発生した多重事故で、中央分離帯を越え対向車線に進入したダンプカーが法定速度の時速50キロを大きく上回っていたとみられることが捜査関係者への取材で分かった。