親子2人が死亡するなど5人が死傷した浦添市伊祖トンネル付近の多重事故で県警は21日、事故現場付近を交通規制し、事故の現場調査を実施する。同日午前6時半~午前10時。県警は「規制中、交通渋滞が予想されるので他の幹線道路などへ迂回(うかい)してほしい」と呼び掛けている。

21日の現場調査に伴う交通規制

 規制が実施されるのは国道330号の大平交差点付近から同市西原の西原高架橋付近までの南北車線(約2200メートル)と県道153号の国道330号南下方面(約450メートル)。国道330号は全面通行止め、県道153号は一部を通行止めにする。規制中は歩道も通行できない。

 県警によると、調査の進捗(しんちょく)に伴い、規制を一時的に解除することもあるが、他の幹線道路などに迂回するよう呼び掛けている。

 調査では県警がこれまで調べてきたドライブレコーダーなどの映像や関係者の事情聴取などから事故を再現した大規模な調査が実施される予定。