沖縄総合事務局は15日から局内で使用期間が終了し、保管していたパソコンを有効に活用してもらおうと、子どもたちを支援している団体(19市町村、33施設)に無償で譲渡している。提供するパソコン台数は61台。2016年から、沖縄子供の貧困緊急対策事業の一環で実施している。