琉球大学理学部の中村衛教授が20日、日本地震学会のオンラインセミナーで「ゆっくり動く沖縄 動かない沖縄」をテーマに講演した。南西諸島の海底で地殻変動を観測した結果、海溝には地震の遠因になる「固着域」が広く分布していることが明らかになったと説明した。  地震の原因は、地下で起きる岩盤の「ずれ」。