名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て変更承認申請で、沖縄県が意見を求めた地元名護市長の意見提出期限が3月26日に迫り、市長の対応が注目される。県に意見を提出する場合、早くても3月下旬の見通しで、玉城デニー知事が承認、不承認を判断する時期は来年度となる見通しが強まっている。