琉球古典芸能と二十五絃箏による公演「琉球恋慕」(主催・ジャパトラ)が12日、浦添市の国立劇場おきなわであった。音域の広い二十五絃箏と沖縄の古典楽器、琉球舞踊がそれぞれ共演。各楽器の個性をそのままに、古典の世界から一歩踏み込んだ、斬新な音と舞踊の可能性を追求する舞台となった。