北海道の室蘭工業大と大阪府立大の学生らが共同で開発した超小型人工衛星が21日未明、米国で民間ロケットに載せて打ち上げられた。開発に携わった室工大の学生5人が発射の様子をスクリーンで見守り、ロケットが宇宙空間に到達すると拍手で喜び合った。