声優の山寺宏一(59)が、23日放送のテレビ朝日系バラエティー番組『林修の今でしょ!講座特別編 声優はスゴいんだ!!今、声優でしょ!3時間SP』(後6:45~)に出演。これまで数多くのキャラクターを演じてきたが、過去に1作品で50役を担当したエピソードを明かした。

山寺宏一 (C)ORICON NewS inc.

【写真】「3役同時はムリ」アンパンマンの台本に困惑した山寺宏一

 「1作品での最大は何役?」という質問に、声優歴6年の『アナと雪の女王』シリーズ・オラフ役などで知られる武内駿輔(23)は「1作品で15役くらい。通行人とかの全部ですけど、予算がない作品だといろんなものを1人でやらなくてはいけない」と説明。

 そんな中で声優歴30年を超える山寺は「短編の短いやつのアニメで、(1作品1人で)50役というのがありましたね」と明かすと、スタジオは「50!?」と驚きの声。

 山寺が1人50役を担当したのはアニメ『彼岸島X』(2016年~2017年)。人間のキャラクターはもちろん、吸血鬼1、2、3と吸血鬼を演じ分け、さらに、犬、猫、生き物ではない焚き火も担当した。スタジオでは、そんなアニメを見ることになり、エンドロールでは「明 山寺宏一」「師匠 山寺宏一」「戦闘員1 山寺宏一」「戦闘員2 山寺宏一」「焚き火 山寺宏一」などと、“山寺宏一”だらけの文字が流れた。

 スタジオではゲストから驚きと笑い声が出る中、「なんでこれをやることになったのですか?」の質問に、山寺は「経費削減…。若手がいっぱいやれ!というのはわかるのですが、(声優業)30数年やってこれですから!」と苦笑いしていた。

 スタジオには声優代表として、山寺や武内のほか、石川由依、小野友樹、梶裕貴、潘めぐみ、三森すずこ、森久保祥太郎、諸星すみれが出演した。

オリコンスタイルは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。