【読谷】村が一括交付金を使い非売品として発刊した、しまくとぅばの副読本第2弾となる「読谷村のしまくとぅば2」が1月から一般販売されている=写真。村内の小中学校など関係機関への配布のみだったが、村内外から「購入したい」との声が相次ぐなど好評だったため、村予算で新たに発刊し、販売を始めた。