沖縄タイムス+プラス ニュース

マスクなしでカラオケ 送迎車と浴室の換気も不十分 沖縄の高齢者通所施設で5人が感染

2021年2月24日 09:03

 沖縄県は23日、20~80代の男女17人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラスター(感染者集団)を3例認定し、計127例となった。

県の新型コロナ判断指標と現状

 那覇市内の接待を伴う飲食店では7人が感染。県によると123例目から派生した。感染が確認された1人が数日後、別の友人らと4人で訪れていた。

 同市内の通所高齢者施設では80代の利用者3人と20代の職員2人の計5人が感染。利用者のマスク着用や送迎車と浴室の換気が不徹底だった。マスク未着用のカラオケもあったという。

 浦添市内の居酒屋は約3時間飲酒した20~40代の友人ら男女5人が感染した。

 24日から飲食店などの時短営業が緩和される石垣市で1月29日以来の感染(女性1人)が確認された。18日公表の1人が偽陽性だったとして取り下げ、同日公表は17人に修正した。

 クラスター104例目の沖縄市内の医療機関は新たに職員1人と患者15人が感染し、計31人となった。

連載・コラム
記事を検索