「空気とは、絶対権を持った妖怪である」。評論家の故山本七平さんは1977年の著書「『空気』の研究」で、こう指摘した。忖度(そんたく)、KY(空気読めない)という言葉がはびこる時代に読むと、深くうなずける▼典型例に挙げたのは、戦争末期の戦艦大和の沖縄特攻。