【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日からの下げ幅は一時、360ドルを超えた。午前10時現在は前日比282・45ドル安の3万1239・24ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は472・76ポイント安の1万3060・29。米長期金利上昇に対する警戒感が高まった。

 資産運用先として割高感が意識されたアップルなどIT関連株は売られた。電気自動車(EV)のテスラも下げた。同社が投資している暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が大幅下落したことが嫌気された。(共同通信)