日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は23日までに2020~21シーズンの個人賞を発表し、女子レギュラーラウンドのサーブ効果率15・6%で1位になったNECレッドロケッツ主将の山内美咲(西原高-東海大出)がサーブ賞を初受賞した。