県保護・援護課と戦没者遺骨収集情報センターは24日、糸満市の魂魄(こんぱく)の塔近くの沖縄戦跡国定公園内で開発が予定されている区域周辺に遺骨があるとの情報を受け、収集作業を始めた。数センチ程度の複数の骨片が見つかった。今後も、遺骨がある可能性が高い場所の調査を続ける。