沖縄県大宜味村の大宜味小中学校近くの上空で2月16日、米軍機とみられる大型機の低空飛行が確認された。周辺にはこども園や診療所、住宅地があり、命に関わる大惨事の可能性があるとして、同村議会は24日、抗議決議と意見書を全会一致で可決した。近く村とともに沖縄防衛局や外務省沖縄事務所に申し入れる。

大宜味小中学校近くで低空飛行する米軍機とみられる大型機(宮城良治議員撮影)=16日午前9時40分ごろ、大宜味小中学校

 低空飛行を目撃、撮影した宮城良治村議は「オスプレイが同じぐらいの高さで沖合を飛んでいたのを見たことはあるが、こんなに陸地側で見たのは初めてで驚いている。非常識ではないか」と話した。

 機体は米空軍のMC130J特殊作戦機とみられ、16日午前9時40分ごろ、同校付近で南から北向けに海岸沿いを飛行しているように見えたという。宮城議員によると、その後に海岸沿いの別の2カ所でも同じ機体とみられる大型機が目撃されている。

 抗議決議と意見書では、渡嘉敷や座間味などの議会の決議を無視した強行で「住民をばかにしているとしか思えない米軍機の飛行訓練は断じて容認できない」と抗議。民間地ややんばる国立公園上空での訓練禁止や環境保全に全面協力することなどを求めている。