久米至聖廟(孔子廟)訴訟で最高裁が違憲と判断したのは、同廟で行われる儀式は宗教的側面が強く、市が特定の団体に便宜供与したと判断したからだ。最高裁判決を受け、市はなぜ憲法に反する対応を取ったのか、これまでの経緯や今後の対応など、説明責任が問われている。