2月に入り沖縄県内で交通死亡事故が相次いでいることを受け、県子ども生活福祉部(名渡山晶子部長)と県警交通部(大城辰男部長)は24日、死亡事故緊急事態アピールを発表し、県民に交通安全を呼び掛けた。 アピールでは運転手に車間距離を十分保つほか、法定速度を順守し、安全確認を徹底することを求めた。