自民党は、観光関連法制の見直しに着手する。新型コロナウイルス感染拡大を教訓に、感染症が疑われる人の宿泊をホテル、旅館が拒めるようにする仕組みを検討。国内の旅行オンライン予約事業に参入した海外企業の規制も議論する。