【ワシントン共同】バイデン米大統領は24日、世界的な供給不足に陥っている半導体や、重要な鉱物の調達網を見直す大統領令に署名した。国内生産の拡大や、日本など同盟国との連携を図り、有事の際にも安定して調達できるよう体制を強化する。対立する中国への依存度を引き下げ、安全保障上のリスク減少にもつなげる。

 米ホワイトハウスで大統領令に署名するバイデン大統領=24日、ワシントン(ロイター=共同)

 バイデン氏は、新型コロナウイルス感染症拡大による調達網寸断による医療品不足や、半導体不足で自動車生産が停止に追い込まれた事態を踏まえ「米国を二度と品不足に直面させない」と約束した。中国を念頭に「価値観を共有できない国に調達を依存すべきではない」と訴えた。(共同通信)