新型コロナ緊急事態宣言が10都府県に発令される中、国公立大2次試験の前期日程が25日、全国各地の大学で始まった。169大学582学部に23万5403人が志願し、募集人員に対する倍率は2・9倍。大学入試センター試験の後継となる初の大学入学共通テストを受けた受験生が挑戦。各大学はマスク着用や手指の消毒など感染対策の徹底を求めた。

 国公立大2次試験前期日程の会場に向かう受験生ら(奥)=25日午前、東京都文京区の東大

 国立大(82大学391学部)には17万7178人が志願し倍率2・8倍。公立大(87大学191学部)の志願者は5万8225人で3・6倍。共通テストの成績で門前払いする「二段階選抜」は24大学37学部が実施し2139人が不合格となった。(共同通信)