農林水産省は25日の衆院予算委員会理事会で、贈収賄事件で在宅起訴された鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループの秋田善祺元代表との会食に、費用を負担せず同席した枝元真徹事務次官ら6人について、国家公務員倫理規程に違反したと報告した。農水省は「その場で費用負担を確認しなかった過失がある」と説明し、人事院と処分を協議していると明らかにした。処分内容は25日午後に発表する。

 記者団の取材に応じる農水省の枝元真徹事務次官=19日午後、農水省

 会食には、秋田元代表とともに在宅起訴された吉川貴盛元農相も同席。2018年10月と19年9月の2回で、農水省はいずれもアキタフーズが費用を負担していたことを確認した。(共同通信)