共同通信 ニュース

大関正代「頑張らないと」 新時津風親方の前で初稽古

2021年2月25日 16:39

 大相撲の大関正代は25日、東京都墨田区の時津風部屋で、部屋継承の時津風親方(元幕内土佐豊)が新師匠として見守る前で初めて稽古した。報道陣の代表取材に「親方が代わったから成績に響いたとか言われるのはしゃく。言われないように頑張らないといけない」と責任感をにじませた。

 相撲を取る正代(左)と豊山=25日、東京都墨田区(代表撮影)

 春場所(3月14日初日・両国国技館)に向け、今週から平幕豊山との申し合いを始めたといい、この日は9番取って8勝。調整のペースなどを考慮して合同稽古には参加しなかった。「ちょっと感覚と体が合わないというのがある。まだまだ番数を取っていかないと」と先を見据えた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間