奈良市教育委員会は25日、70代ぐらいの男性が市立学校3校を立て続けに訪れ、名乗らずに現金1千万円ずつの計3千万円を職員らに手渡して立ち去ったと発表した。身体的な特徴や服装などから男性は同一人物とみられる。手渡す際に「学校の子どもたちのために使ってほしい」と話したという。市教委は「各学校の教育活動に活用する」とのコメントを出した。

 男性は24日午後2~3時ごろ、奈良市立済美小、春日中、一条高を訪問。いずれも名乗らずに現金1千万円の入った白いポリ袋を手渡した。奈良市では昨年6月にも同様に年配の男性が市役所を訪れ、白いポリ袋に入った現金3千万円を寄付した。(共同通信)