【パリ共同】フランス原子力安全局(ASN)は25日、国内の原発のうち主に1980年代に稼働を始めた32基に関し、安全性強化を条件に運転期間を40年から50年に延長することを認める決定を発表した。

 中部ベルビル=シュル=ロワールのベルビル原発=2007年(AP=共同)

 決定は23日付。フランスでは現在56基の原発が稼働し、32基は最も古いグループ。フランスは原子力が総発電量の約70%を占めており、今回の決定は運営主体のフランス電力だけでなく、原発を引き続き重視する同国政府にとっても重要な意味を持ち、政策継続が可能となる。(共同通信)