新型コロナウイルスで困っている人たちを支援しようと、那覇市出身の女子プロゴルファー上原彩子選手が、ひとり親世帯に弁当を配布している。那覇市内7カ所で平日夕に50食。15日から3月末までの1カ月半で、約1600食の弁当を配る予定だ。  自身の2021年カレンダーの売上金の一部を資金に充てた。