東日本大震災、さらに東京電力福島第1原発事故に遭った漁師らが、その後も海と共に暮らすことの大変さ、難しさを、彼らの言葉を通じて伝える書籍は数多い。だが漁に加わって彼らの思いに触れながら、復興途上の漁業について考えさせる本をまとめた人はそうはいないだろう。