岸信夫防衛相は26日の記者会見で、中国海警局が尖閣諸島への上陸を強行しようとすれば、相手の出方次第で凶悪犯罪と認定し、自衛隊も武器使用で抵抗を抑える「危害射撃」に踏み切る可能性に含みを持たせた。「海警局の船が、どのような行動を取るかによって変わってくる。個別の状況に応じて判断する」と述べた。