将来の給与を債権として買い取る「給与ファクタリング」は貸金業にあたり、法外な金利を求める契約は違法だとして、特定適格消費者団体「埼玉消費者被害をなくす会」が業者らに消費者裁判手続き特例法に基づき、代金返還義務の確認を求めた訴訟で、さいたま地裁は26日、返還義務を認める判決を言い渡した。