沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で新たに1人死亡 新規感染は19人【2月27日昼】

2021年2月27日 15:32

 沖縄県は27日、新型コロナウイルスに感染した1人が死亡したと発表した。関連死者は計119人となった。また、新たに19人が新型コロナに感染したと発表した。県内の累計感染者数は8178人となった。

 県は同日の対策本部会議で、県独自の緊急事態宣言の28日解除と3月1日以降の対策方針を決める。

 26日の県発表では、70~90代の男女4人の死亡が判明。新規感染者は10歳未満から90歳以上の男女23人で、那覇市内のコロナ患者を受け入れている医療機関では、これまでに職員5人と入院患者7人の感染が確認され、県内128例目のクラスター(感染者集団)と認定された。

 県内では25日までの1週間で人口10万人当たりの新規感染者数が6・31人で全国7番目に多い。最多は東京都の14・01人だった。
 

連載・コラム
記事を検索