全国知事会が27日開いたオンライン会合で、新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報の遅れや度重なる日程変更など、政府対応への不満が噴出した。接種の体制整備に取り組む自治体の財源不足も判明。知事会は、円滑なワクチン接種に支障が出る懸念があるとして、正確な情報提供や財政支援の強化などを近く国に緊急提言する。

 オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部の会合=27日午前、東京都千代田区

 谷本正憲石川県知事は「国から情報が来るたびに接種計画を見直さざるを得ない。日々振り回されており、事態が収束に向かうどころか混乱を招いている」と、政府方針を批判。吉村美栄子山形県知事も「接種スケジュールが度々変更され、大きな混乱を来している」と述べた。(共同通信)