浦添市の卸売・販売業社に勤務していた30代男性は26日、時間外労働の賃金が支払われていないとして、那覇・沖縄の両労働基準監督署に告訴状を提出した。同日、県庁で記者会見を開き「厳正な処罰を求める」と述べた。79万円の残業代未払いがあったという。

残業代が支払われていない状況を説明する男性=26日、県庁

 同社は従業員と三六協定を結んでいない。男性は、2018年11月ごろに沖縄労基署が未協定の残業と未払いの調査に入ったと話す。

 男性によると、その後も改善はされずに、同年12月から残業時間の記録もできなくなり状況は悪化した。

 男性は17年5月~19年3月31日まで同社に勤務していた。男性を含めて、少なくとも4人の残業代が未払いだったという。