野党から東京五輪・パラリンピックへの慎重論が相次いでいる。立憲民主党は新型コロナウイルスの感染抑止に不安があるとして「全く予定通り開催するのは厳しいのではないか」(福山哲郎幹事長)と指摘。共産党は中止を訴える。各党とも開催に否定的な世論を意識しているとみられる。