沖縄タイムス+プラス ニュース

「家計が助かる」学生服を無料できれいに 街のクリーニング店、ポケットに添えたメッセージ

2021年2月28日 10:27

 コロナ禍で我慢を強いられる子どもたちを応援しようと、豊見城市高嶺の「日琉舎(にちりゅうしゃ)ランドリー」が毎週金曜、学生服を無料でクリーニングするキャンペーンを行っている。午後5~8時に出せば、3点まで無料。店主の宜保直樹さん(51)は「ストレスがたまっている子どもたちにきれいな制服で、笑顔で学校生活を過ごしてほしい」と語る。3月12日まで。

学生服を持ってきた中学生に笑顔で対応する「日琉舎ランドリー」店主の宜保直樹さん(左)=26日、豊見城市高嶺

 日琉舎ランドリーは豊見城団地商店街に店を構え45年。家族3人で切り盛りする昔ながらの街のクリーニング屋だ。学生服の無料キャンペーンは鹿児島県の店が発案し、全国700店以上に拡大。県内は同店だけという。

 宜保さんは趣旨に賛同し、2月5日にスタート。コロナの影響で冠婚葬祭が減り、店の売り上げは3~4割減った。「暗いニュースが多い中、前向きなこと、お客さんに喜んでもらえることがしたかった」という。仕上げた服のポケットにはメッセージカードを添える。

 豊見城中3年の遠藤優杏さん(15)は「学校に行く回数が減るなど残念なことが多い中、学生を喜ばせてくれる取り組みはうれしい」と笑顔を見せる。糸満市の保育士、松本秋子さん(38)は「毎週のように息子の制服を出すので、家計が助かる」と感謝した。日琉舎ランドリーは電話098(850)1729。

連載・コラム
記事を検索