沖縄国税事務所は、納税者の預貯金口座から引き落として国税を納付する「振替納税」の利用を呼び掛けている。県内では納税者の約5割が金融機関や税務署の窓口で直接納付しており、納付期限を過ぎて延滞税を支払うケースもあるという。