【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍のクーデターに対する抗議デモは28日も各地で続き、国連人権高等弁務官事務所によると、治安当局の銃撃で少なくとも18人が死亡、30人以上が負傷した。一連のデモの死者数としては1日で最多。各国の大使館が集まる最大都市ヤンゴンでも、デモ参加者の死亡が初めて確認された。クーデターから3月1日で1カ月。国軍は実力行使をちゅうちょせず、弾圧を強化しており、先行きは一層見通せなくなっている。

 ミャンマーのマンダレーでクーデターに抗議し気勢を上げるデモ参加者=2月28日(AP=共同)

 最大都市ヤンゴンで催涙ガスを発射する治安部隊=28日(ロイター=共同)

 ミャンマーのマンダレーでクーデターに抗議し気勢を上げるデモ参加者=2月28日(AP=共同)  最大都市ヤンゴンで催涙ガスを発射する治安部隊=28日(ロイター=共同)

 多数の死者が出たことで国軍に対する内外の批判が高まるのは必至。同事務所は「デモ参加者に対する暴力を強く非難する」との声明を発表した。(共同通信)