任期満了に伴う熊本県山都町長選が28日投開票され、現職の梅田穣氏(73)が、元会社員で新人の有働秀一氏(64)を破り再選を果たした。梅田氏は昨年の米大統領選中、名前を音読みで欧米表記すると「じょう・ばいでん」と読めるとインターネット上で話題になっていた。

 ジョー・バイデン米大統領に祝意を伝える熊本県山都町の梅田穣町長(ユーチューブから)=1月15日撮影

 得票数は梅田氏が6699票、有働氏が1657票だった。投票率は67・56%。梅田氏は「バイデン大統領のおかげで山都町を全国区にしてもらった。今後は(そのような)まちづくりに取り組んでいきたい」と意気込んだ。

 梅田氏はバイデン米大統領の就任を受け、ユーチューブで祝意を伝える動画を英語の字幕付きで配信した。(共同通信)