米軍普天間飛行場から派生する爆音で健康被害などを受けたとして、深夜・早朝に米軍機を飛ばさないよう求める「第3次普天間爆音訴訟」で、原告が28日までに5100人を超え、過去最多となった。1次訴訟の原告は追加提訴なども含めて約400人、第2次は約3400人。