「出席簿、なぜ男子が先?」。シンプルな問い掛けから、学校教育の中に潜むジェンダー問題への気付きを促す。全国に後れを取る県内学校での混合名簿普及に傾注してきた安次嶺美代子さん(74)に、ジェンダー平等教育の現状を聞いた。  -ご自身が不平等を感じたきっかけは何でしたか。