宮内庁正倉院事務所の西川明彦所長が、奈良・正倉院の宝物を人間国宝らが再現模造した作品の魅力を語る特別講演の動画が県立博物館・美術館のホームページ(HP)で公開されている。西川氏は「作品を作って終わりではなく、後継者を育成し、古代の人の思いを再現できてこそ模造事業が成就する」と強調した。