2日午前8時50分ごろ、海上保安庁が遭難警報を受信し、第11管区海上保安本部(那覇)の航空機が約30分後に沖縄県・石垣島北方の海上で転覆した中国籍の船と漂流者を発見した。11管は2日午後、中国当局から「付近にいた中国漁船が5人を救助し、5人が行方不明」との情報提供があったと明らかにした。

 沖縄・石垣島北方の海上で転覆した中国籍の船の漂流者=2日午前(第11管区海上保安本部提供)

 沖縄・石垣島北方の海上で転覆した中国籍の船=2日午前(第11管区海上保安本部提供)

 沖縄・石垣島北方の海上で転覆した中国籍の船の漂流者=2日午前(第11管区海上保安本部提供)  沖縄・石垣島北方の海上で転覆した中国籍の船=2日午前(第11管区海上保安本部提供)

 海保や中国漁船が残る不明者の捜索を継続。尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で2日午前に確認された中国海警局の船1隻も、現場に向かって航行したという。

 現場は石垣島の北方約330キロ。午前10時時点の周辺海域は北の風15メートルで、しけていた。(共同通信)