沖縄タイムス社は、3月からインターネットでの音声配信サービス「サクッと沖縄」を本格スタートした。平日の月曜から金曜日の5日間は若手社員が毎日のニュースを読み上げ。土曜日は、記者たちの解説やインタビューで、ニュースを深掘りする。音声アプリ「Voicy(ボイシー)」に専用チャンネルを開設した。 

取材の合間を縫って、スマートフォンでニュースを吹き込む又吉さん=沖縄タイムス社

 若手社員が毎日のニュースを声で届ける「サクッと沖縄」。取材などの日々の業務の合間を縫って、気になるニュースを選び、スマートフォンで吹き込んでいる。
 火曜日担当の記者、又吉朝香さん(26)は、出勤前にニュースを選択。「リスナーに楽しんでもらえるよう、明るい話題を探している」と言う。
 出社したら、読み上げる原稿作りに取りかかる。記事調の文章から「ですます」調に書き直したり、聞き取りやすくするため、説明を補足したりすることもある。
 取材と取材の間の時間を利用してスマートフォンで収録。編集局内に流れる共同通信のニュース速報の音も入り込んでしまうが、「新聞社らしくていいかなと思って、あえて入れている」とのこと。
 「多くの方々に沖縄タイムスのニュースを耳でも触れてほしい」と話した。

沖縄タイムスのVoicyチャンネル「サクッと沖縄」はこちらから聴くことができます

https://voicy.jp/channel/1514