スケッチ画家である著者が、台湾を歩いて回って観察した「街屋」100軒を絵と文で紹介した。  街屋とは、都市の通りに面して立つ、店舗に適した建物を指すという。日本家屋やひらがな交じりの看板もあり、生活感が漂う建物から、その地の歴史が浮かび上がる。