【シンガポール、ジャカルタ共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)は2日、オンライン形式で非公式の臨時外相会議を開き、ミャンマー情勢について「状況を懸念する」との議長声明を発表した。「ASEANはミャンマーを平和的、建設的に支援する用意がある」との表現を盛り込んだが、具体策には踏み込めなかった。

 2日、オンライン形式で非公式の臨時会議を開いたASEANの外相ら(マレーシア外務省提供・ロイター=共同)

 国軍のクーデター後、ASEANがこの問題を話し合うのは初めて。アウン・サン・スー・チー氏らの解放を求める声が出たが、ミャンマー側が受け入れ可能な提案を示せなかったとみられる。内政不干渉が原則で関与に消極的な国もある中、今後も協議を継続する。(共同通信)